LEDはやっぱりお得!まだ使ったことのない人のためにメリットを紹介します

白熱電球と比べて、寿命はどれくらい違うのか?

白熱電球のほうが安いし、LED電球は買うときに値段が高いし、長い目で見ても変わらないんじゃないの?と思っているかたも多いと思います。また、使ったことがない方の理由も、これは多いことでしょう。

では、どれくらい寿命が違うかというと、LED電球のほうが約20倍長持ちします。白熱電球は1000時間から2000時間の寿命に対し、なんとLED電球は約4万時間の寿命なのです。

LED電球は消費電力が少ない!

LEDは、発行ダイオードという半導体の名称ですが、消費電力が少ないこともメリットです。消費電力は、白熱球の5分の1しかありません。

消費電力が少ないために、寿命が長いことにもつながりますが、白熱球と比べて電気代も安くなります。

また、二酸化炭素の排出量が少なく環境にもやさしいので、室内の空気もきれいです。

LEDは気を使わない!

白熱電球の場合、電気をつけても明るくなるのに少し時間がかかったり、交換前にはちかちかしたりして、場合によってはイライラしたりする事もありますが、LED電球の場合はすぐにつきます。

他にも、紫外線を出さないため、虫が寄り付かないため屋外でも需要は高く、虫が苦手なかたには、特にオススメです!

まだのかたはLED電球へ

いかがでしたか?今までLEDに交換していなかったかたも、こんなにもメリットがあることを、わかって頂けましたでしょうか?

LED電球は交換も楽ですし、今では各メーカーが種類も豊富に発売していて、価格もずいぶんと安くなったので、ぜひ次回はLED電球に交換しましょう!

ledパネルはポスターなどの内側が光っているパネルの事でLEDランプなので寿命が長いのが特徴となっています。