ホームページの基本的な作り方!コンテンツの詳細は下部ページに作る!

ホームページをトップページのみで作ると見にくい

ホームページを作るのに慣れていないと、全てのコンテンツをトップページに詰め込もうとします。文字数や情報が少ないときなどはこの方法でもいいのですが、情報がたくさんある場合には見にくいページになる可能性があります。ホームページを開いてやたらと縦長になっているページを見かけますが、閲覧者からすれば見にくさを感じるページです。それは欲しい情報がなかなか出てこないページだと思ってしまうからです。また、トップページしかないホームページにはメリハリがなく、平坦な印象になります。一般的にそのようなホームページはサイトに統一感を持たせるために、同じ背景と同じ文字の書体で作られます。統一感が同じ印象を与えることになってしまうのです。

コンテンツの詳細は別のページに作ると見やすくなる

ホームページを作るときには、トップページとは別に下部ページを作ることができます。同じサイト内に作ることができますので、決して難しくはありません。下部ページを作る利点としては、トップページで補いきれない情報を閲覧者に提供することができます。また、この使い方ができれば、トップページに情報を多く載せすぎることがなくなります。詳細は別のページを参照ということができるからです。例えば、商品説明などは簡単なキャッチコピーだけをトップページに載せておいて、商品に関する詳細は別ページで説明するという方が閲覧者からすれば見やすいでしょう。ただし、別ページを作るときにはトップページとデザインを合わせることが大事です。全く違うデザインだと閲覧者が違うホームページを見ていると勘違いしてしまうからです。

ホームページ制作業者は顧客のニーズに応えてホームページの制作をしてくれます。最先端の技術を用いて作ってくれる業者も多いです。