意外と簡単?スマートフォン対応のWebサイトを作ってみよう!

スマホ対応!レスポンシブデザインを使ってみよう

Webサイトをスマートフォンに対応させたい場合には、「レスポンシブデザイン」を取り入れてみるとよいでしょう。これはCSS上でさまざまな指定を行うことで、画面サイズに合わせてサイトの表示を伸縮させたり、レイアウトの状況を変更したりする手法です。パソコンとスマホで別々にページを分ける必要がないため、管理が楽であるというメリットもあります。

レスポンシブデザインを作成するポイント

レスポンシブデザインを作成する際には、あらゆる種類の端末で閲覧されることを想定するのが大切です。横幅の狭いスマホでも、画面全体が広いパソコンやタブレットでも見やすいデザインとなるように、全体の構成を工夫しましょう。たとえば広い画面に対してはメニューを横並びにして、狭い画面に対しては逆に縦並びにする、などの配慮が必要です。特にスマホに関してはタッチ操作がメインとなるため、指でも押しやすいようなボタンやリンクを設定しておくことも忘れないようにしてください。

サイト作成サービスを利用するのもおすすめ

細部まで気を配りながらデザインするのが苦手な方は、あらかじめスマホに対応しているサイト作成サービスの利用を検討するのも一つの手です。このようなサービスを使ってサイトを作れば、いちいち自分でCSSをいじらなくても、自動的にスマホへの最適化を行ってくれます。もちろんスマホ以外の端末からの閲覧も可能。サービスによっては豊富なテンプレートが用意されていることもあるため、手軽にオシャレなスマホ向けサイトが作成できます。

スマートフォンサイト制作をしたい場合、スマホ対応のCMSを利用するのが一番安上がりです。もしくは、スマホサイト制作に特化した専門業者も存在します。