スマートフォンWebサイトならではの注意点

メニューボタンの表示方法には注意しましょう

パソコン用だけでなく、スマートフォン用サイトを作っている企業やサークルは少なくありません。基本的な作り方は同じなのですが、何と言っても画面の大きさが異なります。同じ作りのサイトでも、パソコンとスマートフォンでは見え方がだいぶ異なるので注意しましょう。まず、サイトは小さな画面に表示することを意識してデザインします。画面を分割して、メニューや記事をそれぞれ書き込む方式はどちらかというとパソコンのような大きな画面向きです。サイト内のページに誘導するメニューボタンは、必要なときに閲覧者が画面をタップして表示させるようにします。プルダウンメニューも、スマートフォンのような小さな画面でも問題なく使えるのでお勧めです。

データ量の重い写真や動画には注意しましょう

スマートフォン用Webサイトの場合は、掲載する写真や動画のデータ量にも気をつけましょう。パソコンと異なり、スマートフォンは屋外で利用することも多々あります。Wifi環境がなく、重いデータを受信するには通信量が高くなってしまうことも珍しくありません。また、環境によっては重いデータほど受信に時間がかかり写真や動画がすぐに表示されないこともあります。なので、スマートフォン用Wenサイトを作るなら、写真や動画のデータ量には十分に注意する事が大切です。写真や動画なら、ある程度圧縮をかけて小さくしておきます。画質が良いものを掲載したい時は、個別のページを用意してデータ量が重いことを閲覧者に伝えましょう。そうすれば、閲覧者側もデータ量が重いページはWifiに繋げたときに見るなどの選択ができます。

最近では個人で行う人が増えているスマホサイト制作ですが、きちんとした構想でしっかりした設計を行う専門業者に依頼するのも良い方法です。