スマートフォン用Webサイトで気をつける事

パソコン用サイトは閲覧できるけど注意が必要です

スマートフォンは、パソコンと同じWebサイトを閲覧できるというメリットがあります。しかし、気軽に持ち運ぶことを目的に作られたスマートフォンは画面が比較的小さいという事に注意しなくてはいけません。確かにパソコン向けのWebサイトを閲覧する事が出来ますが、文字が読みにくいなどの問題も起こるからです。なので、Webサイトを運営するならパソコン用だけでなくスマートフォン向けも用意してくと良いでしょう。専用というと難しいイメージを持つ人もいますが、ポイントを抑えれば作り方は難しくありません。基本的にはHTML形式で作成し、掲示版やショッピングカートなどはcgiやperlと呼ばれるプログラムを使用します。ホームページ専用ソフトなら、HTMLなどの知識がなくても書類を扱うような感覚でWebサイト作成が可能です。

パソコンとスマートフォンで異なる見やすいサイト

スマートフォン用のWebサイトは、まず画面の大きさを意識して作る事が大切です。特に、パソコン向けでよく見られる横や上にメニューを表示する方式は避けた方が無難でしょう。大きな画面の場合は整理されて見やすくなりますが、スマートフォンの画面では逆効果になりかねません。縦や横に分割しない、通称1カラムと呼ばれるデザインがシンプルで画面の大きさを選ばずお勧めです。次に掲載する写真やイラストなどの画像を用意する時は、大きさに十分注意して下さい。大きすぎる画像は、スマートフォンの画面に表示しきれないこともあり得ます。閲覧者が、画面をスクロールしないと確認できないような画像は避けた方が無難です。

スマホサイトとは、スマートフォンからの閲覧に適応したサイトのことです。スマートフォンは、パソコンとは画面サイズが異なり、スクロールして閲覧するため、画面サイズや操作法をスマートフォンに合わせています。