ホームページを作りたいならば最低限知っておきたいこと

ホームページのデザインは見やすくする

ホームページを作る場合には、必ず何らかの理由があるはずです。どの人にも共通しているものは、可能な限り多くの人に見てもらいたいと考えていることでしょう。特にビジネスを行う場合には、閲覧者が多い方が確実に収入を得ることができます。そこで、どのようにしたら多くの人に見てもらえるかが問題になりますが基本的に見やすいページは多くの人が最後まで閲覧をしてくれる可能性が高いだけでなく、別のページもついでに見てくれる可能性が高まります。

見やすいホームページの特徴は、文章の大きさのフォントなどが適正な場合です。あまりにも小さ過すぎたりすると、非常に見づらくなります。小さい場合は、画面に顔を近づけないと文字が読めなかったりするため非常に煩わしくなるでしょう。一方大きすぎる場合は、画面をスクロールする回数が増えますので、これもまた読みにくいページができあがるわけです。

文字数はどれぐらいにするのが適正なのか

ホームページを作るとき文章を書いていると、一体どれぐらいの文字数が適正なのか分からなくなることがあります。基本的に検索エンジンから気に入られることを考えると最低でも1000文字を書いておきたいところです。一般的には、2000文字以上書いていることが多く、状況によっては3000文字を超えることも珍しくありません。結局は、そのページの内容で何を訴えたいかによって文字数が異なってくるといえます。まずは、1000文字以上を目指し慣れてきたら2000文字以上を目指してみましょう。もちろん文章の内容が充実していることは言うまでもありません。

ホームページ作成というと難しい印象を受けるかもしれません。ですが、実際に行う作業は単純です。「HTMLファイルを作る」「サーバーにアップする」の2点です。